profile

GANSが挑戦するテーマは『逆転と『自己確立す。

小柄な選手には 「上手いんだけど」、身体能力が高いが不器用な選手は「速いんだけど」という言葉を耳にします。

小学生年代では 少年団や街クラブなど様々な形態でチーム数が確保されていますので、弱点がある選手にも努力次第で、逆転の可能性を繋げることができます。

一方、中学生年代では下記のような現象があります。①中学にサッカー部が無い。②強豪街クラブではレギュラーが固定している。③人数の多いクラブでは出場時間が短い。これでは、逆転の可能性が断ち切れてしまいます。

そして、高校生年代では 、身体能力の差が縮まり、技術力や判断力の差で競技力が評価される時期です。つまり、非力だった選手達が逆転できる時期は高校生年代なのです。 サッカー選手としての完成期である高校生年代に繋げるために、 未完成な選手達にこそ 『技術と判断力を向上させる』環境が必要なのです。                             トップアスリートを目指す事に固執せず、人間力と学力の文武兼ね備えたサッカー選手として『自分のスタイルを追求できるチーム作り』を育成の軸とします。

併せて、少年期に主軸として活躍できなかった選手には、チームの中心となる経験をしてほしいのです。選手達が自らのスタイルを築き、工夫した逆転プランを実行できるチームを目指します。

GANSの担当する役割を明確にし、新しいジュニアユースのスタイルを確立します!